ハーブ・ヘナカラー


グレーカラーの需要は全体の80%を占めています。

白髪染めがメインのこの時代、髪や頭皮への負担が少ないヘアカラーをお客様は望んでいます。
ナチュラルハーブカラーは、将来の髪が心配なお客様が今後長く続けられるプロフェッショナル商品です。


自信を持ってお客様におすすめできる為、安定した美容室経営が可能です。

サロンではなく自宅で染めている方も多いですが、一方でホームカラーは「刺激が強い」「褪色が早い」「髪が傷む」という3大問題を抱えています。


ナチュラルハーブカラーは、こうした問題を解決するプロフェッショナル商品。天然成分を90%以上配合し、防腐剤や着色料、界面活性剤は一切使用しておらず、「しみにくい」「気持ちが良い」「髪も頭皮も傷めにくい」といった特性を持ちます。

 

ナチュラルハーブカラーは90%以上が天然成分。
頭皮と毛髪のケアをしながら、13色のハーブカラーで幅広い髪質状態にフィットした豊富な色味のカラーリングが楽しめます。

ナチュラルハーブカラーのよくある質問

Q.

ヘナとの違いは?

A.

ヘナとの違いは3つあります。
①ヘナは髪の表面を染めるので、カラーチェンジの場合は染まりにくくパーマはかかりずらいという欠点がありますが、ハーブカラーはヘナよりも粒子が細かく小さいので、髪の表面ではなく内部から染め上げます。髪の内部から染
め上げるので、アルカリカラーと同じくカラーチェンジがしやすく、当日同時にパーマもかけることができます。

②登録上の違いがあり、ハーブカラーと同じくジアミンが含まれているヘナは雑貨登録となります。ハーブカラーは医    薬部外品登録をしていますので!安心してお使い頂けます。

③放置時間の差があり、ヘナは加温で40分~50分放置ですが、ハーブカラーは自然放置で15分~20分となります。

Q.

ジアミンはどれくらい入っているの?また他社と比べて少ないですか?

A.

ジアミンは総量の約2%含まれておりますが、施術時は4倍のお水で溶きますので実質0.5%となります。ケミカルヘナは7~8%前後・アルカリカラーは3~5%(メーカーによる)和漢カラーは公表していませんが、染まり具合からして少し多いかハーブカラーと同じくらいです。

 

Q.

褪色はどれくらい?

A.

アルカリカラーと遜色なく、1か月~1か月半くらいです。

Q.

なぜ粉なんですか?

A.

天然成分を多く構成している為です。(化学成分を少なくしている為)

Q.

なぜ粉で染まるのですか?

A.

タンパク質に吸着・もしくは水の酸素と反応し、酸化発色するためです。

色もちがよく、傷みにくいと
お客様に好評!

ハーブカラーを使用しはじめてのメリットは、ダメージレスで色もちが良いと感じます。アルカリカラーとの使い分けですが、パーマと組み合わせてもダメージを軽減できるので、と言われ常にパーマをかけても大丈夫でした。
色もちが良い、パーマと組み合わせて施術しても傷まなくてうれしい。

 

30代男性


ダメージレスで、
色が抜けていく過程もきれい。

ハーブカラーの主成分は天然素材ですから安心でした。
特に力を発揮するのは、既染毛に対してのトーンダウンとメンテナンス。ダメージ無く、施術後の退色も非常にゆるやかでした、色が抜けていく過程もきれいに感じます。
これからもハーブカラーにしていきたいと思います。頭皮にやさしいカラーをしたと思います。

 

50代女性

新トリートメントメニューに・・・
25分でトリートメントと同時に補色する新技術

私は、ハイブリーチ毛でパサツキ有、広がりやすく毛先にダメージがありハネやすくなっていて、ハーブカラーのトリートメント効果でハリコシが生まれ、毛先も収まりよくなったと好評です。
アルカリ、過酸化水素を使用しないナチュラルハーブカラーだからこそ出来る仕上がり!で満足しています。

20代女性


自然な色感、ストレス軽減…

ナチュラルハーブカラーは、髪の手触りや艶を実感しました。
頭皮のひりひり感や鼻につく臭いがないので、いつも我慢しながらカラーをしてましたが、ストレスの軽減や、将来の不安感を取り除けることに安心ました。
そして自然な色感と艶・ハリコシを取り戻せると聞き、良かったです。

30代女性


ハイトーンハーバルカラー

 

「明るくしたいし、しっかり染めたい」
疎水性の髪にもなじみやすいクリームベースを採用し、髪への浸透性を高めることで、根元部分や白髪に対しても高い発色と染着性の両立を実現。

「何度もヘアカラーを楽しみたい」
年齢を重ねることで起きる髪質の変化や、ダメージにアプローチするサポート成分を選定。

 

「頭皮や髪の状態も考えたい」
髪と頭皮にうるおいを与え、健やかな状態へと導きます。

「ヘアカラーも香りは大事」
清涼感が溢れるフレッシュな香りの奥に柔らかな甘さをアクセントとした“フレッシュフローラル”の香り。ヘアカラー特有のにおいを軽減し、より快適なカラープロセスをサポート。

オキシロン【ハイトーンハーバルカラーにトッピング】+1,000円

 

 

 

 

ヘアカラーを看板メニューにする!「こだわり技術薬剤」 2剤(OX)  オキシロン !! リピート率95%製品

ヘアカラーによる白髪・髪のやせ細り・ハリコシ・薄毛などで悩むぐらいなら「ヘアカラーをやめたい」急増中!

60歳を超えるお客様にしてみれば、若い人が考えている以上に深刻な問題なのです。そして、60歳以上のお客様割合は、30%以上に相当する4052万人いることを忘れてはいけないと思います。白髪染めする理由は、「老けて見えるのはイヤだから」「身だしなみ」「おしゃれ」しかし、ヘアカラーをする事で逆に「貧相」に見えてしまうぐらいなら当然やめてしまいます。今時、どこでもキレイに染める技術は持っています。お客様に少しでも安心感を提供することが「違い」であって、お客様からの信頼につながる「サロンのこだわり」ではないでしょうか!   重要なことは「お客様に安心安全を常に追及しているサロンであることを伝えること!

 

オキシロンが良いのは当たり前! 【重要】サロンがオキシロンを必要とする理由!

オキシロン開発の背景

 

美容業界には十数年前からヘアカラーをすれば白髪が増えたり、髪が軟毛化していくという噂があったが、既にその噂は実証されています。美容師として、一人でも多くのお客様にヘアカラーをして頂きたいと思う反面こういう事実の中ジレンマがありお客様に安心して、ヘアカラーをして頂きたいという想いから開発された製品です

オキシロンの効果 ☆白髪の進行抑制☆育毛効果☆抗炎症  

従来のヘアカラーの場合、1液と2液を混ぜ合わせたとき化学反応によって活性酸素(フリーラジカル)が発生します。そのフリーラジカルは、毛根の中にある黒髪を作る細胞であるメラノサイトを破壊してしまうことが実証されています。その結果、白髪が増え更にフリーラジカルは、毛根そのものも老化させるので、ヘアサイクルのバランスが崩れ髪が成長しなくなり、軟毛化や抜け毛の原因に繋がります。2種類の有効成分のワレモコウエキス、ホップエキスを配合しており、ワレモコウはバラ科の植物で育毛効果、抗炎症効果があります。ホップエキスは数年前に発売されたアデノバイタルの主成分で、白髪を黒髪にする成分として、特許がとられているものです。オキシロンとしての最大の強みとして、この2種類の成分をある一定の配合で混ぜることによりフリーラジカルを除去できるという実験にこれらの専門分野である大学の教授と研究し成功しました。 

 

ヘアカラーをしながら頭皮を元気に!

従来の2剤は…

ヘアカラーの施術は、実は白髪を増やす原因になっています。

1剤と2剤を混ぜ合わせたときに生まれるフリーラジカル(活性酸素)は、メラノサイトを攻撃し破壊してしまうことで白髪になります。

 

オキシロンを使用した場合

 

 

 

 

 

 

オキシロンには、育毛効果・抗炎症効果のあるワレモコウエキスとメラノサイトを活性化するホップエキスが入っており、この2つを組み合わせることで、フリーラジカルを抑制します。これにより白髪の進行の抑制ができます。

オキシロンの効果効能

ヘアカラーは、より人を輝かせるために必要不可欠です。しかし、一方では毛髪を生成する細胞をはじめ、黒髪の元であるメラノサイトを破壊してしまい、白髪を増やしてしまう原因になっている事は最近ではよく知られています。そこで私たちは、今まで1剤の起爆剤としてでしか活用されなかった2剤に3つの大きな力を加えることに成功しました。

【効能・効果】白髪の進行抑制・改善/育毛効果/抗炎症【成分】ワレモコウエキス…育毛効果/抗炎症作用・ホップエキス…メラノサイトの活性化

シアバター配合/頭皮の保護・毛髪の保湿/ ヤシ油脂肪酸/低刺激・安全性が高い

 

女性が抱える髪・頭皮の悩み 髪に「悩みがある」または「気にしている方」11,908名にアンケート結果  近年、白髪増加、抜け毛など『地肌老化』を気にする女性が急増

 

アンケート結果

17~18年ほど前はカリスマ美容師ブームの頃で、お客様のニーズは、よりデザイン性の高いカットがしたいとか発色の良いヘアカラーがしたいという髪に関するニーズが高かった。しかし、ここ数年でそのニーズは変化し白髪やボリュームといった頭皮に関するニーズに変わってきている。こういうニーズを満たすことがサロンの発展に大きく影響することは明らかでヘアカラーに対する提案も変化してきている。

低刺激で安全性が高い

従来のオキシには、ほぼ100%石油系の界面活性剤が使用されています。この石油系の界面活性剤は、市販のシャンプーなどにもよく使われるラウレス系など経皮毒という言葉もありますように人体に悪影響があることもよく知られています。オキシロンはそういう影響がないように非常に低刺激である石鹸系の界面活性剤のヤシ油脂肪酸を使用しています。さらにヘアカラー施術後2~3日後に頭皮が荒れたり、フェースラインがかぶれるといったお客様がしばしばおられますが、こういったトラブルの原因は、ほぼ石油系界面活性剤によるものであります。ですので、これらのお客様のお悩みもオキシロンの使用によって緩和することが期待できます。

さらに頭皮の保護 ヘアカラーよって引き起こる地肌老化を抑制

ヘアカラーには、アンモニアによる刺激やジアミンアレルギー等のトラブルも心配されます。そこで、オキシロンは、オキシそのものにシアバターを配合し、薬剤の塗布とともに頭皮に油膜を張ることでこういったトラブルを緩和することが期待できます。

ジアミンアレルギーに関しては、オキシロンを使用することでアレルギー反応を抑えるほどの効果は期待できません。一度、アレルギー反応が出たお客様に関しては、慎重に対応する必要があります。オキシロンは、ジアミンアレルギーになったことがないお客様に対して、従来のオキシより今後の発症を緩和させることに期待できます。

結果、オキシロンは活性酸素(フリーラジカル)を除去しながらヘアカラーができます。

美容師監修だからできた扱いやすさ

オキシロンを製造したメーカー社長も美容師を14年間されていたそうです。そこで美容師の仕事の矛盾を感じ、本来女性を美しくする仕事なのに、髪を傷め、頭皮を弱らせてしまう技術に対して、その矛盾をゼロにしていきたいと思って「オキシロン」を完成させたそうです。美容師としてはありがたいですし、お客様にも喜ばれるものだと思います。

お客様への告知。

重要なことは、「お客様に安心安全を常に追及しているサロンであることを伝えたい

オキシロンを看板メニューにしているこだわり繁栄美容室!

メニュー一例

  • 低刺激オキシロンカラー アルカリ除去付 (低刺激カラーと悪成分のアルカリ除去)
  • 白髪予防オキシロンカラー ( 白髪予防のオキシロンカラーと健康な毛髪へ導くスカルプケア )
  • 白髪抑制 頭皮にやさしいオキシロンカラー ( 白髪抑制 頭皮にやさしいオキシロンカラー )
  • オキシロン入オーガニックカラー (オキシロンを使ったより低刺激のオーガニックカラー) 
  • 白髪抑制オキシロンカラー (身体、頭皮、髪への無刺激を実現、最も安全、安心なカラー)
  • 業界初の白髪を抑制するカラー!低刺激で安全性が高いので安心してご利用できます。頭皮の保護もするので、今までカラーでしみたりした方もご利用ください
  • <業界初!!>白髪を増やさないカラー剤がでました

ご予約・お問い合わせ

お電話からのご予約はこちら

スマホでご覧の方はクリックすると電話の発信画面に切り替わります

 

ご予約メールフォームからご希望の曜日とお時間をご記入の上、送信してください